沼岡 努

沼岡 努 (ぬまおか つとむ)

所属 経済学部
職名 教授
e-mail tnumaoka@econ.nsu.ac.jp
(@は迷惑メール対策のため、全角で表示しています)
役職・校務等 経済学部文化経済学科主任(2015.6~現在)
モンゴル文化研究所 所長(2016.4~現在)
学歴 埼玉大学教養学部教養学科(アメリカ研究コース)卒業
筑波大学大学院修士課程地域研究研究科地域研究専攻(アメリカ研究コース)修了
学位  国際学修士
職歴 新潟短期大学専任講師(1982.4~1985.3)
新潟短期大学助教授(1985.4~1988.3)
新潟産業大学経済学部助教授(1988.4~1998.3)
新潟産業大学経済学部教授(1998.4~現在)
専門分野 アメリカ史、アメリカ研究(社会・文化)
担当授業科目 西洋史、世界史概論、英語、アメリカ事情、アメリカ文化社会史等
研究主題
  1. 【課題】アメリカ南部奴隷制史研究
    【キーワード】アメリカ史、黒人奴隷、プランテーション経営
  2. 【課題】奴隷主としてのトマス・ジェファソン研究
    【キーワード】アメリカ大統領、プランター、トマス・ジェファソン、奴隷制
  3. 【課題】合衆国南部奴隷制下における集団/共同奴隷耕作地
    【キーワード】奴隷耕作地、プランテーション、労働使役法
所属学会 アメリカ学会、アメリカ史研究会、アメリカ経済史研究会(以上、日本)
アメリカ南部史学会(アメリカ)
研究業績
(2006年度以降)
  1. 「奴隷共用菜園・野菜畑の歴史的展開及びその役割―集団/共同奴隷耕作地の全体像解明に向けて―」 単著 『新潟産業大学経済学部紀要』第38号(2010年), 75-94. 新潟産業大学附属東アジア経済文化研究所
  2. 「アンティベラム南部奴隷制下に見られる集団/共同奴隷耕作地の役割」 単著 日本学術振興会科学研究費補助金成果報告(2009年), 1-79.
  3. 「集団/共同奴隷耕作地―その実態及び歴史的役割―」 単著 『新潟産業大学経済学部紀要』第36号(2009年), 123-156. 新潟産業大学附属東アジア経済文化研究所
  4. “Slaves and Freedpeople in the Collective/Common Field” 口頭発表Special Collection Library, Duke University, Durham, North Carolina(2007)
社会的活動
(2006年度以降)

【公開講座、講演会、その他への出講状況】

  • 新潟産業大学公開講座「アメリカ黒人の歴史―4世紀にわたる苦悩の長い道のり」(2008.11) 柏崎シーユース
  • 新潟産業大学秋季公開講座「アメリカ黒人の歴史」(2008.9~10)柏崎市民プラザ
  • 大学体験授業(高校出講)5回(1993~2009)

【自治体等の委員会・審議会への参加状況】

  • 新潟県立柏崎常盤高等学校評議員(2005.4~2008.3)
  • ノース・カロライナ州立歴史公文書保存協会会員(1995.1~現在)

【その他の活動】

  • 「アメリカ訪問雑感」『柏崎日報』(2009.2.27)
  • 「大統領は<農園主>」『柏崎日報』(2009.1.10)
  • 「演説の周辺を追う」『柏崎日報』(2008.12.18)
  • 「米南部人の親切さ」『柏崎日報』(2008.11.15)
受賞等
その他特記事項
  • デューク大学ジョン・H・フランクリン歴史研究奨学金受給(2008.9~2009.8)
  • 日本学術振興会科学研究費補助金受給(2005.4~2008.3)
  • (財)味の素食の文化センターより、食文化研究助成金受給(2000.4~2001.3)
  • トマス・ジェファソン財団研究奨学金受給(1999.9~10)