齋藤 忠雄

齋藤 忠雄 (さいとう ただお)

所属 経済学部
職名 教授
e-mail tsaito@econ.nsu.ac.jp

(@は迷惑メール対策のため、全角で表示しています)
役職・校務等  
学歴 東北大学経済学部卒業

東北大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学
学位 経済学博士
職歴 東北大学経済学部助手(1976.4~1978.3)

広島修道院大学商学部講師(1978.4~1979.3)

広島修道院大学商学部助教授(1979.4~1989.3)

広島修道院大学大学院商学研究科教授(1979.4~1989.3)

広島修道院大学商学部教授(1989.4~1991.3)

新潟大学経済学部教授(1991.4~2012.3)

新潟大学大学院経済学研究科教授(1991.4~2012.3)

新潟大学大学院現代社会文化研究科教授(1995.4~2012.3)
専門分野 財政学・公共政策
担当授業科目 財政学、地方財政論
研究主題
  1. 【課題】政府間財政関係の構造転換

    【キーワード】情報知識社会、少子高齢、グローバル・リージョナル経済
  2. 【課題】日本税制の特質と限界

    【キーワード】ポスト福祉国家、税制負担率、社会保障負担率、税収調達基盤、所得再分配機能
所属学会 日本財政学会
研究業績

(2006年度以降)

【著書】

  1. 「ポスト工業社会化の(岐阜県)9市町村財政-1989~2003年度-(上・下)」岐阜県自治研究センター(2006)
  2. 「ブックレット➃ 新潟県財政の姿」新潟県地域総合研究所(2007)
  3. 「緊縮運営の(岐阜県)5市町村財政-2004・2005年度-」岐阜県地域自治研究センター(2007)

【学術論文】

  1. 「政府間財政関係の構造転換-1970年代~21世紀初-」新潟大学『経済論集』第81号(2006)
  2. 「金属洋食器産業の盛衰と燕市財政-高度成長経済,円高,グローバル化-」新潟大学『経済論集』第86号(2009)
  3. 「日本税制の特質と限界-20世紀末~21世紀初-」桃山学院大学『経済経営論集』第51巻第2号(2010)
  4. 「福祉国家論の時代文脈」新潟大学『経済論集」だい90号(2011)
社会的活動

(2006年度以降)

【公開講座、講演会、その他への出講状況】

【自治体等の委員会・審議会への参加状況】

  • 財務省 財務行政モニター
  • 厚生労働省 全国健康保険協会新潟支部評議会議長
  • 厚生労働省 関東信越地方社会保険協議会新潟部会長
  • 厚生労働省 新潟地方社会保険医療協議会会長
  • 新潟県 財政尻度研究会委員
  • 新潟県 夢おこし政策プラン評価委員会委員
  • 新潟県 施策評価委員会委員

【その他の活動】

受賞等  
その他特記事項  新潟大学名誉教授