特待制度

学業成績、スポーツ・文化活動に優れた人や資格取得者に対し、授業料が免除および減免となる特待制度があります。特待制度は減免額により4種類に分けられており、 入試区分によって応募できる特待制度の種類や選考基準が異なります。

【重要】特待制度の詳細は、必ず入学試験要項をご覧ください。

特待の種類(減免の内容と減免額)

種類 減免の内容 減免額
特待S 2年間の授業料を全額免除 132万円(66万円×2年間)
特待A 2年間の授業料を半額免除 66万円(33万円×2年間)
特待B 初年度の授業料を半額免除 33万円(33万円×1年間)
特待C 初年度の授業料を25%免除 16万5千円(16.5万円×1年間)

制度の種類と該当する特待

種類 対象者 該当する特待の種類
学業特待制度 入学試験の成績優秀者や、高校での全体の評定平均値が優れている者 特待S・特待A・特待B・特待C
スポーツ・文化活動特待制度 高校時代にスポーツ・文化活動で優れた実績をあげた者 特待S・特待A・特待B

特待S 【2年間の授業料を全額免除】

入試区分 対象者 選考基準
センター試験利用入学試験
(第1期~第3期)
受験者全員(※1) 得点が80%以上の者全員(200点満点中160点以上)
AO入学試験
スポーツ・自己(前後期)
推薦入学試験
【スポーツ・文化活動特待】
合格者のうち、競技実績が特に優れた者(※1・2)
強化指定部顧問・監督にお問い合わせ下さい。

※1:3年次以降は前年度の学業成績を基に成績優秀者の授業料が半額になる学費軽減制度(毎年審査)があります。
※2:1・2年次に優れた競技活動成績をあげた場合、3年次以降は半額減免が2年間延長されるスポーツ・文化活動奨学制度があります。
◆他の特待制度と重複して減免を受けることはできません。

特待A 【2年間の授業料を半額免除】

入試区分 対象者 選考基準
指定校推薦入学試験 受験者全員(※1) 調査書の全体の評定平均値が4.5以上の者全員
AO入学試験 平成30年1月19日(金)までに入学手続きを完了し、「特待制度対応試験申込書」を提出した者(※1・2) 一般入学試験(前期)の選考基準と同様
指定校・スポーツ・自己(前期)推薦入学試験 入学手続きを完了し、「特待制度対応試験申込書」を提出した者(※1・2)
一般入学試験(前期・後期) 受験者全員(※1) 得点が75%以上80%未満の者全員(200点満点中150点以上159点以下)
センター試験利用入学試験(第1期~第3期) 受験者全員(※1)
AO入学試験
スポーツ・自己(前後期)
推薦入学試験
【スポーツ・文化活動特待】
合格者のうち、競技実績が特に優れた者(※3・4)
スポーツ・文化活動で下表の競技実績条件を満たす者

※1:3年次以降は前年度の学業成績を基に成績優秀者の授業料が半額になる学費軽減制度(毎年審査)があります。
※2:検定料無料で特待制度対応試験(一般入学試験前期日程)を受験できます。
※3:1・2年次に優れた競技活動成績をあげた場合、3年次以降は半額減免が2年間延長されるスポーツ・文化活動奨学制度があります。
※4:2年次以降は前年度の学業成績を基に成績優秀者の授業料が半額になる学費軽減制度(毎年審査)があります。
◆他の特待制度と重複して減免を受けることはできません。

競技実績条件

水球 ・全国大会ベスト8以上
ライフセービング ・全国大会で3位以上入賞(高校生以外も参加の大会の場合)
・全国大会で優勝(高校生のみの大会の場合)
・陸上、水泳で多府県大会ベスト8以上
・カヌーで都道府県大会優勝
卓球(団体・個人) ・他府県大会、北海道大会に出場、又はそれに準ずる実績を有する者
空手道(団体・個人) ・都道府県大会ベスト4以上
サッカー ・都道府県大会ベスト8以上、又はそれに準ずる実績を有する者
バスケットボール ・都道府県大会ベスト4以上、又はそれに準ずる実績を有する者
※スポーツ推薦募集種目以外の個人競技・文化活動実績が全国大会出場
(予選のない種目は 全国大会入賞)の者も、選考のうえ採用します。

特待B 【初年度の授業料を半額減免】

入試区分 対象者 選考基準
指定校推薦入学試験 受験者全員(※1) 調査書の全体の評定平均値が4.3 ・4.4の者全員
AO入学試験 平成29年1月20日(金)までに入学手続きを完了し、「特待制度対応試験申込書」を提出した者(※1・2) 一般入学試験(前期)の選考基準と同様
指定校・スポーツ・自己(前期)推薦入学試験 入学手続きを完了し、「特待制度対応試験申込書」を提出した者(※1・2)
一般入学試験(前期・後期) 受験者全員(※1) 得点が70%以上75%未満の者全員
(200点満点中140点以上149点以下)
センター試験利用入学試験(第1期~第3期) 受験者全員(※1)
AO入学試験
スポーツ・自己(前後期)
推薦入学試験
【スポーツ・文化活動特待】
合格者のうち、競技実績が特に優れた者(※3・4)
スポーツ・文化活動で下表の競技実績条件を満たす者

※1:2年次以降は前年度の学業成績を基に成績優秀者の授業料が半額になる学費軽減制度(毎年審査)があります。
※2:検定料無料で特待制度対応試験(一般入学試験前期日程)を受験できます。
※3:2年次以降は前年度に優れた競技活動成績をあげた場合、授業料が半額になるスポーツ・文化活動奨学制度(毎年審査)があります。
◆他の特待制度と重複して減免を受けることはできません。

競技実績条件

水球 ・全国大会出場
ライフセービング ・全国大会入賞
・陸上、水泳で都道府県大会ベスト8以上
・カヌーで都道府県大会決勝進出
卓球(団体・個人) ・都道府県大会ベスト8以上
・北海道は地区大会ベスト8以上
空手道(団体・個人) ・都道府県大会ベスト8以上
サッカー・バスケットボール ・都道府県大会ベスト16以上
※スポーツ推薦募集種目以外の個人競技・文化活動実績が全国大会出場
(予選のない種目は 全国大会入賞)の者も、選考のうえ採用します。

特待C 【初年度の授業料を25%減免】

入試区分 対象者 選考基準
指定校推薦入学試験 受験者全員(※1) 調査書の全体の評定平均値が4.0~4.2の者全員

※1:2年次以降は前年度の学業成績を基に成績優秀者の授業料が半額になる学費軽減制度(毎年審査)があります。
◆他の特待制度と重複して減免を受けることはできません。