地域に学ぶ

Be Active! 教室から飛び出そう。このまち全体が学びのフィールド!

学ぶことの楽しさと、自分の成長を実感する

変化の激しい今の時代だからこそ、基礎的な学力・知識が必要です。そしてその基礎力の積み重ねが柔軟な発想力や問題解決能力といった実社会で役立つ応用力を身につけることにつながります。新潟産業大学では、教室での授業だけでなく地域全体を学びのフィールドとして、地域と連携していろいろな取り組みを行い、一人一人が自分の成長を実感しています。

地域理解ゼミナール

2019年度に新規開設した「地域理解ゼミナール」は1・2年次の専門必修科目で、地域おこしのための6分野を柱として、地域の産業・文化への理解を深め、3・4年次の「地域活性ゼミナール」への準備をします。
1年次の「地域理解ゼミナールⅠ・Ⅱ」では、「経済経営学科」と「文化経済学科」どちらの学科の学生も共通で、1年かけて6分野をまんべんなく学びます。
2020年度には初めて2年次の「地域理解ゼミナールⅢ・Ⅳ」が開講され、各自の興味関心に合わせて、春学期、秋学期に各1分野を選択し、グループで調査・活動に取り組んでいます。そして学期末に発表会を行い、調査・活動の成果を発表しています。

地域理解ゼミナール
地域理解ゼミナール
地域理解ゼミナール
地域理解ゼミナール
地域理解ゼミナール

地域通貨「風輪通貨」

柏崎市の地元商店の活性化と地産地消の推進を目的とした、“米本位制”地域通貨「風輪通貨」を使って経済のしくみを学びます。通貨の単位は「風(フォン)」です。お米づくりと通貨の発行で柏崎を元気にしたいと頑張っています。

地域通貨「風輪通貨」
地域通貨「風輪通貨」

まちかど研究室

柏崎市中心市街地に位置する活動拠点を活用して、人と人をつなぎ、人々が憩い、楽しみ、地域を元気にする「場」を創出する活動を行います。地域の方々や小中高校生、県内他大学の学生とも連携協力しながら、若者主体のまちづくりを実践しています。

柏崎を元気にする多彩なプロジェクトを展開

  • まち研スタンプラリー@商店街
    (新潟工科大学、中心市街地商店街と連携)
  • まち研カフェ&季節のイベント
  • KSP1(柏崎サイエンスプロジェクト/柏崎高校1年生と連携)
  • 柏崎冬のフェスティバル(県内3大学、産大附属高校などと連携)
  • えんま市、ぎおん柏崎まつりへの出店
まちかど研究室

地域PR動画制作

スマホ1台から始められる動画制作は、若者の感性をフルに発揮する表現方法として、今、最も注目される手法の一つです。イメージを形にしていくまでの苦労と完成した時の喜びはかけがえのない経験となります。

刈羽村PR動画制作

刈羽村からの委託事業として「桃・農産物」「スポーツ・文化」「歴史」の三つのテーマで観光誘致のためのPR動画を制作。 本学卒業生のプロのアーティストにもご指導いただき、絵コンテ作成からアフレコまで、本格的な動画制作を経験しました。

刈羽村PR動画制作
柏崎市PR動画制作  み・し・て  かしわざき

柏崎市PR動画制作 み・し・て かしわざき

まちかど研究室と柏崎リーダー塾との連携で、有名アニメやCMの要素を取り入れるなど、若者のセンスを前面に出した動画を制作。 動画を「見て・知って・定住したくなる」ことを目指しました。柏崎のゆるキャラ「えちゴン」、「こーたん」も登場!

研究発表会/学外発表会

「地域活動・学生発表交流会」や「柏崎に関する研究発表会」など、さまざまな企画に参加し、日ごろの研究についてプレゼンを行なっています。他大学の参加学生とも交流を深めています。

柏崎に関する研究発表会

柏崎商工会議所等の主催で毎年開催される発表会で、学生の視点で柏崎を「より住みよいまちに」「活性化したまちに」すべく課題解決に向けた発表が行われます。2021年度は「小さな観光と関係人口に関する考察〜柏崎市高柳町荻ノ島集落を事例として〜」が最優秀賞を、「産学金連携による商品開発・PR動画」が優秀賞を受賞しました。

研究発表会/学外発表会

地域農業の体験

農業・食品分野の産業の現場を見学し、大学近隣で野菜と柿を栽培しながら、地域社会と密接にかかわっています。

アグリ&フード

食と農業を中心としながら、日本の食品産業と農業の現状について学び、食と農業と人間の健康・自然環境との関わり、食と農業をとおした地域振興、地域の観光活性化の可能性について探求しています。実践的な学修と研究を重視しています。

地域農業の体験

CONTACT

入試に関するお問い合わせはお気軽に!

〒945-1393 新潟県柏崎市軽井川4730番地