柏崎から世界へ羽ばたけ!世界から柏崎をおこせ!

経済学部 准教授 青木 隆明

東京大学理学部物理学科卒業 Ecole des Hautes Etudes Commerciales (HEC)卒業(Diplfime (HEC))
シカゴ大学経済学部大学院修士号取得(Master of Arts)
ニューヨーク州立大学バッファロー校経済学部博士課程単位取得満期退学
京都大学経済学博士号取得

日本電信電話株式会社、ニューヨーク州立大学バッファロー校日本人学校教諭(非常勤、数学•国語)、 京都大学経済研究所 研究員を経て2020年9月から現職。 2021年4月から入試・広報委員長も務める。

人間の思いやりが社会にもたらす影響、それも経済学。

私の専門は経済学の研究で、約1年半前(2020年秋)に京都からやってきました。関西出身で兵庫や奈良で育ち、そしてこれまで東京、フランス、アメリカなどで様々な異文化に接する機会がありましたが、新潟県に住むのは初めてで、なかなか関西ののり(?)が通用しない戸惑いは感じながらも、とてもまじめで優しい人達に囲まれながら居心地よく仕事をさせてもらっています。 経済学というのは、どのようにすれば世の中がうまく回り、人々が幸せになるかを考える学問です。その中でも私は、人間の思いやりというものが社会にもたらす影響であるとか、人間のものの考え方の特徴であるとか、国際・金融経済のしくみとか、その他色々なトピックについて研究をすすめています。

目の前の人間や社会の営みに対して、皆がこれまで気付かなかったような視点で見つめ、分析することはとても面白く、そして私の天職であると感じています。将来は私の研究室を世界の中での新たな学問・研究の発信地としたいと日々奮闘中です。 趣味は、昔少しやっていたお茶(茶道)とスキーを最近また始めました。興味のある人は気軽に声をかけてくださいね。

産大のコンテンツやネットワークを存分に享受してほしい

現在、入試・広報の仕事も担当させて頂いていますが、あらためて感じることは、本学は、近年直面してきた少子化の流れや競合大学の乱立などの困難を乗り越え、地方にあっても、小さくてもキラリと光る、魅力的な、そして多様な面を持つ大学として大きく変貌を遂げ、そして新しく生まれ変わろうとしていることです。 2021年4月には経済学部経済経営学科の中に通信教育課程(ネットの大学managara)が開設されました。そのオンライン授業を通じて新潟産業大学は日本全国、いや世界とつながり、また、教職員の皆さんも新たな戦力と共に続々と集結しています。学生の皆さんは、その充実したコンテンツやネットワークを存分に享受しつつ、リアルな世界でも個性的な先生方や素敵な友人に囲まれながら自らを発展させる環境に恵まれているのです。 この新生・新潟産業大学を、学生、教職員の皆さん、そしてこれからこの大学を志望し入学される皆さんで是非、一緒に盛り上げていって欲しいなと思います。

220222-130

在学生、そしてこれから入学される皆さんへのメッセージ

新潟産業大学は皆さんが将来どのような方向に進むにしても、しっかりとサポートしてくれる懐(ふところ)の深い大学です。地域に学び地域をおこすもよし、スポーツにまい進するもよし、勉強や趣味に打ち込むもよし、いやいや独自の我が道を追究するもよし、そのすべてにトライするもよし、とにかく積極的に目標をたて、その実現のためにも、好きな教職員の皆さんの懐に飛び込んでいって、この4年間を思い切り弾けて(はじけて)ください。