まちかど研究室が「まち研スタンプラリー@商店街」を開催

二大学共同プロジェクト「まち研スタンプラリー@商店街」が開催されました!

11月18日、新潟産業大学と新潟工科大学が柏崎市より委託を受けている「まちかど研究室」の二大学共同プロジェクトである「まち研スタンプラリー@商店街」が開催されました。
今年で3年目を迎えるこのイベントは、毎年大変好評で、新潟産業大学と新潟工科大学の学友会のメンバー約50名のスタッフが春から準備を進めてきました。小学生は、3人一組で大学生のスタッフと一緒に柏崎の駅前-駅仲-ニコニコ商店街、西本町-東本町にある約40か所の商店や寺院などのチェックポイントを回り、商店や柏崎にちなんだクイズに答えながらスタンプを集めます。
商店主のみなさんからは、店舗を訪れた小学生を温かく迎え、工夫をこらしたクイズを出題していただきました。イベントにご協力いただいたき、ありがとうございました。
当日はあいにくの天候でしたが、参加した70名の小学生(1チームのみ4名での参加)は雨風の対策も完璧で、元気にスタンプラリーを楽しみました。2時間のスタンプラリーが終わると、ゴールの市民プラザ海のホールで温かい豚汁やお菓子が振る舞われました。訪れたチェックポイントの場所や数、クイズの正答数によって採点され、上位5チームには商品として柏崎市の銘菓や商店街で使える地域通貨「風輪通貨」が贈られました。上位入賞者には2度目、3度目の参加者の姿も見られ、地域の恒例行事として小学生たちに徐々に定着している様子が窺えます。
今後も、まちかど研究室では地域に笑顔と元気を届けられるようなイベントや事業を展開していく予定です。まちかど研究室の活動にご支援をよろしくお願いします。