入学式を挙行しました

平成30年度 新潟産業大学入学式を挙行しました

平成30年4月1日(日)午前10時から、新潟産業大学講堂において、平成30年度入学式を執り行いました。ご家族ならびにご来賓の方々および大学関係者一同が、希望に胸を膨らます新入生のスタートを祝いました。

星野学長は式辞の中で「『時間』というものを常に意識して大学での日々を送ってください。誰にとっても人生は一回限りです。人生は二度とやり直しがききません。人生の貴重な時間を後になって後悔することのないよう、最大限有効に活用して欲しい。」また、「物事を『外から見る』という意識を習慣として身に付けてください。外から自分を見るようにすれば、自然とやるべきことや方向性、結論が見えてきます。自分がいる柏崎、新潟県、あるいは日本を俯瞰する大局的な視点が大事だと思います。私たち教職員一同は、皆さんの夢が叶い、希望が実現できるように、あらゆる角度から支援いたします。何か困ったことがあったら、遠慮せずに申し出てください。」と述べました。

学長式辞に応えて、新入生代表の鈴木 白夜さん(経済学部文化経済学科)が「学則を守り、勉学に励み、有意義な四年間を送ることを誓います。」と力強く誓いの言葉を述べました。

また、在学生代表による歓迎の言葉では、学友会会長の五十嵐 滉貴さん(経済学部文化経済学科3年)が「皆さんのご入学を心から歓迎します。最初は分からないことばかりかも知れませんが、大学には皆さんを支えてくれる先輩たちや教職員がいます。分からないことや困ったことがあれば全力でサポートします。安心して勉強や部活に励んでください。」と述べました。

入学式に引続いて、平成29年度「スポーツ」、「文化」、「国際交流」、「地域連携」の各分野で活躍した在学生5団体、9個人に対し、「奨励賞」が授与されました。