第2回 柏崎学シンポジウムを開催します

附属柏崎研究所主催の、第2回 柏崎学シンポジウム「霊峰 米山を知るー地質・植物・民俗ー」を以下の日程で開催いたします。

日時:平成30年10月7日(日) 13:30~15:30(開場13:00)
会場:柏崎エネルギーホール(2階ホール)
入場料:無料

シンポジスト:徳間 正一 氏(米山団体研究会会員)
(報告順)  田辺 喜彬 氏(柏崎植物研究会会員)
      渡邉 三四一 氏(柏崎市立博物館学芸員)
コーディネーター:梅澤 精(新潟産業大学学長補佐・教授)

柏崎のシンボルである霊峰米山について、「地質」・「植物」・「民俗」の3つの視点からその価値を解き明かし、米山の魅力についてさらに深めていき、今日的な視点から観光やレジャーなどの可能性も探りたいと思います。


新潟産業大学附属柏崎研究所は、本学が持つ教育・研究・社会貢献のリソースを柏崎市の課題解決や地域貢献に積極的に活用し、地域に関する研究や地域活性化の方策を集積することにより、近年全国の数多くの大学が社会から期待されているミッションである「地域の知の中核的拠点」の役割を当該地域において明確化することを目的としています。