全日本ライフセービング選手権大会で準優勝しました

経済学部経済経営学科2年生で柏崎ライフセービングクラブ所属の加藤 豪くんが、10月6日(土)から7日(日)にかけて、神奈川県藤沢市の片瀬西浜海岸で開催された「第44回全日本ライフセービング選手権大会 本選会」の個人種目 ボードレース(ボードに乗り、約270m沖合いのブイを回り浜に戻る競技)で初の準優勝を果たしました。

なお、加藤 豪くんから、今回の準優勝についてのコメントをいただきました。今後の活躍が益々楽しみです。ぜひ頑張ってください!

「今大会の個人結果は、驚きの一言でした。直前にインカレが行われましたが、実はこの時ブランクと重なり、本来の自分の調子を維持することが出来なかったため、今大会の競技結果は良くないと思っていました。しかし、この成績を残せたことに大変驚いています。今後の抱負としては、個人種目のメダル獲得に留まらず、団体種目においてもメダルが獲得出来るよう頑張って行きたいと思います。また個人種目としては、来年1月に行われる次の大会(第10回全日本学生・プール競技選手権大会、 於 静岡県富士市)でぜひ優勝を狙いたいと思います。」