本学学生と教員が高校のポスターセッションと協議会に参加しました

 12月17日(火)13:20~15:35 新潟県立柏崎高校にて「新潟県立柏崎高等学校スーパーサイエンスハイスクール(SSH)「柏崎サイエンスプロジェクトⅡ(KSPⅡ)」に本学教員と学生が参加しました。

 梅比良副学長をはじめ、阿部先生とゼミ生12名、黒川先生とゼミ生5名、宇都宮先生とゼミ生9名、権田先生とゼミ生9名、スポーツ分野では佐々木先生が参加、文系2年生の地域課題、時事問題、社会現象をテーマにした研究発表を参観、専門的な質疑やアドバイスを行いました。 

 阿部地域連携センター長は「ゼミナール生と一緒に参加させていただいたのですが、柏崎高校の生徒さんたちが多岐にわたる研究テーマを発表されていて、その中には学生と取り組んでいる柏崎活性化に関するものもあり、とても参考になりました。今後もこの取り組みが継続・発展されることを期待しております。」と感想を述べられました。

 また、参加した経済学部4年 小川 琴音さんは「身近な話題や柏崎に関する事など、様々な研究がされていて興味深かった。研究結果から私たちも新たな知識も得ることができた。」とコメント。

 生徒の発表終了後、教員6名は、研究協議会に参加され、実施後の課題と今後の取り組みなど専門的な視点からアドバイスや感想を述べていました。