本学専任教員 金光林教授が編纂に参加した『森鴎外事典』が出版されました

本学専任教員の共著書が出版されました。

『森鴎外事典』 平川祐弘/編(2020年1月 新曜社 発行)

338項目、744頁からなる本書は日本で初めての本格的な森鴎外事典です。
43人が執筆に参加し、本学の金光林教授は「鶏林医事」「黄禍論」「女性問題」「作品のなかの女性」「道教廟」「満州」など6項目を執筆しました。