長期履修学生制度・シニア学生学費軽減制度

長期履修学生制度

長期履修学生制度とは、職業や家事に従事しながら学びたい人が、自分のライフスタイルに合わせて無理なく学ぶことができるよう、大学4年間の修業年限を超えて最長8年間をかけて学ぶ制度です。その場合、修業年限分の学納金総額を、在学を希望する年限で分割して納めることができます。長期履修学生制度を利用した場合の学納金等は以下のとおりです。

長期履修学生制度を利用した場合の学納金等について (単位:円)

学納金区分 1年次入学 編入学(3年次)
金額 金額
入学検定料
(入学試験時のみ)
30,000 15,000
入学金
(入学手続時のみ)
210,000 105,000
授業料
(21,000×登録単位数)
2,604,000
(卒業必要単位124単位の場合)
1,302,000
(卒業必要単位124単位で認定単位62単位、必要単位62単位の場合)
施設設備資金 400,000
(100,000×4年分)
200,000
(100,000×2年分)
教育充実費 520,000
(130,000×4年分)
260,000
(130,000×2年分)
総額 3,764,000 1,882,000

◎ 学納金の納入は半期ごと(1年間に2回)になります。
◎ 授業料は、単位制授業料制度を適用していますので、履修単位数が124単位を超えた場合は、上記金額に加算されます。

長期履修学生制度を利用した場合の修学パターンについては、「長期履修学生制度の修学期間モデル(学納金計算表)」を参考にご覧ください。

シニア学生学費軽減制度

平成30年4月1日時点で満40歳以上の方に対し、入学検定料を半額免除、入学金を全額免除し、在学期間中の学納金(授業料、施設設備資金、教育充実費)を半額免除します。
なお、学年進行の途中において満40歳以上になる学生は、次年度の学納金を半額免除します。
(1年次に入学し4年間で卒業する場合の学納金等の総額は1,810,000円、3年次に編入学し2年間で卒業する場合の学納金等の総額は905,000円に なります。さらに長期履修学生制度を併用した場合、年度ごとの学納金の負担が少なくなり、学びやすい環境が整います。)

本法人同窓生の学費軽減制度

新潟産業大学、新潟短期大学及び新潟産業大学附属高等学校等の出身者は、本法人同窓生の学費軽減制度の適用となりますので長期履修学生制度を併用した場合、学びやすい環境が整います。