大学での多くの挑戦を通して地域に根付いた営業職の世界へ

卒業生/コニカミノルタNC株式会社勤務 渡邉 有紀さん

高校時代から地域活性に興味があり新潟産業大学に入学。新潟産業大学を卒業後、コニカミノルタNC株式会社に就職。営業職として活躍中。

新潟産業大学への進学を決めたのはなぜですか?

高校生の頃から「まちづくりやまちの活性化」に興味があり、地域の特産品の開発や地域活性化の取り組みを、授業の一環として行っていました。大学でも地域活性化に関する活動をしたい、学びたいと思い調べたところ、新潟産業大学で学ぶことができると分かり、進学を決めました。3年次から所属していた「まちづくり・地域活性化」がテーマのゼミナールには、入学した頃から入りたいと狙っていましたね(笑)。

入学してからどのようなことを学びましたか?

大きく捉えると「地域の現状を知り、活性化のためにすべきことは何か?」を学びました。感覚としては座学よりも、実際に行動して得たことの方が多いです。課外活動の学友会やダンス部、そして研究活動の中心となったゼミ活動も、学生の私たちが主体となって決めて動くことが多かったのですが、「こんなにも自分たちで決められるなんて!」と初めは驚きました。高校生の時は先生からの助言があって動いていたので、主体性ということをとても意識するようになりました。しかし「本当に私たちだけでできるのだろうか…」と不安に思ったりもしましたが、先輩や仲間との協力や先生方のサポートもあり、気が付くとできていた…という経験を何度もしました。 このような経験から、大学時代に身に付いた力は「挑戦する力」と「最後までやり切る力」だと思います。地元を離れ、一人暮らしや、アルバイト、部活など、初めてのことばかりでしたが、全て「挑戦しよう!」と思えましたし、それらを最後までやり切ることができました。そして、私ひとりではやり切ることができなかったことも多く、人と協力することの大切さや重要性も感じました。このように思えるのも新潟産業大学で出会った人たちが距離が近く、温かくサポートしてくれたからだと思います。

就職活動はどうでしたか?

私は就職先が決まるのは早い方ではなかったので、正直、就職活動期間は不安や焦りがありました。ただ就職課の職員の皆さんが親切丁寧に、最後までサポートしてくださって、とても心強かったです。授業終わりに履歴書を持っていって「見ていただけますか?」とお願いしたら、その場ですぐにアドバイスをくださったり、「この会社、今度説明会があるから行ってみたら?」と個別に連絡をくださったりしました。小さな大学のメリットの1つだと思うのですが、本当に細かく親身になってサポートしていただきました。顔も名前も覚えてくださり、いつも丁寧に対応していただいて、今思い出しても感謝しかないです。

新潟産業大学での学びは、現在のお仕事にどのように活かされていると思いますか?今後の抱負も含めて教えてください。

現在はコニカミノルタNC株式会社の営業部に所属し、企業さんにコピー機などの事務機器の販売をしているのですが、学生の頃から、地域の方・市役所など行政の方・お店の方など社会人と対等に話をする機会が多かったことが1番の力になっているように思います。元々人と会って話すことが好きでしたので営業職を希望したのですが、学生時代のこの経験がなかったら、もっと緊張していたし、不安になっていたと感じます。
今後は商品に関する知識をさらに身に付けて、お客様に何を聞かれてもしっかりと答えられるようになりたいと思っています。そしてお客様からも、会社からも、信頼される人間になりたいです。今は先輩から引き継いだお客様がほとんどですが、これからは新規のお客様も大学で培った主体性を活かして、増やしていきたいです。

新潟産業大学を目指す皆さんへ、メッセージをお願いします。

振り返ると、私の大学4年間は本当に充実していて楽しかったです。それはさまざまなことに挑戦するチャンスがたくさんあったからだと思います。大学では、友達・先輩・後輩・先生・地域の方など、高校生までの自分にはなかった出会いがあり、その出会いの数だけ新たなことに挑戦するチャンスが生まれるのだと思います。特に新潟産業大学は、そのようなチャンスをたくさん与えてくれますし、挑戦する人を応援してくれる土壌があります。ぜひ怖がらずに、いろんな出会いを得て、いろんなことに挑戦して、たくさんのことを経験してください。 そして学業の面では、経済学を座学で学ぶのではなく、研究するのではなく、フィールドワークを通じて学び・研究したい人にピッタリの大学だと思います。地域活性化の活動は経済を動かすことですから、実感を伴った経済学が学べると思います。経済学を学びたい人は是非挑戦してほしいです!