卒業生を招いてパネルディスカッションを実施しました

 11月29日(月)のキャリアデザインⅡ(2年生対象)において、新潟県補助事業「新潟の産業・企業を知る講座」の一環として、県内企業に勤務する本学卒業生4名を招へいし、パネルディスカッションを実施しました(担当教員:橋本康正)。翌年度から本格的に始まる就職活動に向けて、県内企業に勤務する卒業生から大学時代の過ごし方や職業選択の考え方を聞くことは、志望業種を幅広く捉える上で重要な機会となります。
 今イベントでは、4名の卒業生(所属先企業名:㈱マルタケ・柏崎信用金庫・㈱トクサイ・第一生命保険㈱新潟支社)を招へいし、大学時代の就職に対する考え方や就職体験談、現在の業務内容や企業選びの軸などをテーマにお話を伺いました。

 参加した学生から「今まで就職先として考えていなかった業種でも、話を聞いて視野を広げる必要があると思った」「先輩たちが面接で聞かれた質問を聞いて、自分に答えることができるのか不安になった。しっかり準備しないといけない」「どのOB・OGもわかりやすく説明されていて、社会人と学生の違いを肌で感じた」「初めて聞いた社名もあったが、新潟県内に魅力的な会社があることがわかった」といった感想が多くみられました。
 いよいよ迫ってきた就職活動を見据えて、今日のOBやOGからの貴重なアドバイスや体験談をキャリアプランに活かしてください。