学生による柏崎に関する研究発表会が開催されました

平成28年度 新潟工科大学・新潟産業大学学生による柏崎に関する研究発表会

平成29年2月20日(月)、柏崎商工会議所大研修室において、

「平成28年度 新潟工科大学・新潟産業大学学生による柏崎に関する研究発表会」
(主催:柏崎商工会議所 総合建設部会、(一社)新潟県建設業協会 柏崎支部)

が開催され、学生たちが研究成果を発表しました。
この研究発表会は、今後の柏崎地域の都市計画やまちづくりについて、地元で学ぶ大学生の視点からの提案を求め、大学生の日頃の研究成果を学内で留めずに広く地元産業界や一般市民の方々に紹介することによって産学連携や事業化への発展を期待する目的で、平成14年度から毎年実施されています。(本学は平成22年度から参加)

今回本学の学生は、以下の4つのテーマで発表を行いました。

「まちかど研究室の取組について」

「子育て支援パスポート事業の実施による経済効果」

「新潟産業大学の立地が地域に及ぼす経済効果」

「文化施設アルフォーレにみる賑わい創出と地域振興」


この記事はこちらでも紹介しています。