平成30年度大学・地域連携推進事業に取り組んでいます

現在、本学では柏崎市から委託を受けた「平成30年度大学・地域連携推進事業」に取り組んでいます。

この委託事業は、「松雲山荘ライトアップ調査事業」という課題名で、柏崎市が誇る観光スポット「松雲山荘」を取り挙げ、ライトアップ時期の団体ツアー誘致増加に向けた実態把握や情報発信方法等を探っています。

調査事業を委託された本学詹秀娟教授が訪日インバウンド外国人観光客を柏崎に誘致するため、新潟県内インバウンドを扱っている旅行社エージェント数社を招聘し、11月10日~11日の一泊二日のモニターツアーを企画しました。春学期からフィールドワークを行い、ゼミ生と一緒に取り組んできました。

今回行ったのは、複数の旅行会社の担当者を招き、松雲山荘・木村茶道美術館、さらには柏崎市立博物館・酒造見学(原酒造)・秋幸苑(飯塚邸)・恋人岬・コレクションビレッジ・ドナルドキーンセンターといった、柏崎を代表する観光地を巡り、あらためて地域のすばらしい財産を多くの人に知ってもらうにはどのような仕掛けが必要か考えていきたいと思います。

同行したエージェントの方々からは大変好評で、柏崎の知らなかった魅力を発見できて良かった、さらに積極的な情報発信で魅力の周知を図った方が良いなど、アドバイスをいただきました。

今後の委託事業は、このツアーをさらに発展させ地域の魅力向上に努められるよう取組んで参ります。

柏崎市立博物館

原酒造

飯塚邸

松雲山荘(ライトアップ時間)

木村茶道美術館

恋人岬

ドナルドキーンセンター

コレクションビレッジ

木村茶道美術館