潮風マラソンの台湾選手の通訳ボランティアをしました

 5/19の柏崎潮風マラソン大会に初参加した台湾のランナー30名の通訳として、本学の学生と教員がボランティアスタッフで大会に参加しました。

 現在本学で非常勤講師を務める詹(セン)元教授は、マラソンのメイン会場全ての看板標識を繁体字中国語で翻訳し、マラソン大会当日は台湾の留学生二人と一緒に選手たちの通訳をしました。
 さらに、台湾の駐日代表処から取り寄せた台湾小国旗も会場に設置したため、台湾選手に分かりやすい目印となり、台湾選手も安心してレースに参加することが出来たようです。

学生の皆さん、先生、お疲れさまでした。