留学生が北鯖石小学校の国際交流会(ESD集会)に参加しました

 11月27日(水)本学の留学生が、柏崎市立北鯖石小学校の児童の皆さんに国際交流をテーマとした授業を行いました。体育館で行われた歓迎セレモニーでは、小学生から元気な歓迎のことばと歌のプレゼントがありました。その後、各学年の教室で、それぞれ母国の文化について紹介し、それぞれの国にちなんだクイズや遊びなどで大変盛り上がりました。

 ラホマン エムディ アティクル(バングラデシュ・5年生担当)、ヴーテ アン(ベトナム・6年生担当)、エルデニバド センジデマー(モンゴル・1年生担当)、アンワルジョノフ アッボス(ウズベキスタン・4年生担当)、チン ディン ヴーホアン(ベトナム・2年生担当)ヘイリハン(中国・3年生担当)の6名の講師たちは「小学生の元気なパワーをたくさんもらった、質問が多くて逆に勉強になった、小学生を通じて日本の勉強になった、来年もぜひ参加したい」と話していました。

地域の小学生との国際交流を通じて有意義な一日を過ごせたことと思います。大変お疲れ様でした。