新潟米おにぎりキャンペーン 学生企画コンテストの最終審査に参加しました!

7月22日新潟県 農林水産部 食品・流通課主催「新潟米おにぎりキャンペーン 学生企画コンテスト」の最終審査が実施されました。
新潟市の古町7番街商店街での公開プレゼンには書類審査に通過した5チームが出場。本学権田ゼミの学生2チームも出場しました。
・「鉄板おにぎり組」チーム
(文化経済学科4年 渡辺雄大・宮川浩一郎・藤原将大・山田由加里・梅澤隼人)
「おにぎりとスープが生み出す 新たな可能性」
・「おにぎりフレンズ」チーム
(文化経済学科3年 駒村彩佳・神田夏海・進藤真彩・フレルバートル・エギーマー)
「新潟県内の名産品を使用したおにぎりイベントの提案」
惜しくも最優秀賞は逃しましたが、2チームとも優秀賞を受賞。
各チームが新潟米新米15キロとお茶、調味料セットの商品をいただきました。
イベント終了後にはキャンペーン応援隊長の今井美穂さんと記念撮影もでき、学生たちは大満足の表情でした。
なお権田ゼミは、昨年に引き続き紅葉祭におにぎりを出品予定です。
後日届く商品のお米を有効活用して、学園祭のお客様に美味しい新潟米をPRしたいと思います。
写真は、コンテストでの学生たちの活躍の様子です。