アブドゲニィ アブドレヒミ

Abuduaini Abdureyim (アブドゲニィ アブドレヒミ)

所属 経済学部
職名 准教授
e-mail gheni@econ.nsu.ac.jp
(@は迷惑メール対策のため、全角で表示しています)
役職・校務等 教務委員(2012.4~現在)
学歴 東京理科大学大学院理工学研究科工業化学専攻修士課程修了
千葉大学大学院自然科学研究科多様性科学専攻博士課程修了
学位 工学博士(1999.3千葉大学大学院)
職歴 中国新疆大学化学科助手(1985.7~1992.4)
東京理科大学大学院理工学研究科研究生(1992.4~1994.3)
東京理科大学大学院理工学研究科工業化学専攻修士課程(1994.4~1996.3)
千葉大学大学院自然科学研究科多様性科学専攻博士課程(1996.4~1999.3)
理化学研究所マイクロ波物理研究室、協力研究員(1999.4~2000.3)
日本学術振興会外国人特別研究員,受け入れ:東京大学大学院総合文化研究科(2000.4~2002.3)
千葉大学大学院自然科学研究科外国人特別研究員(2002.4~2003.3)
新潟産業大学経済学部助教授(2003.4~2006.3)
新潟産業大学産業システム学部助教授(2006.4~2007.3)
新潟産業大学産業システム学部准教授(2007.4~2011.3)
新潟産業大学経済学部准教授(2011.4~現在)
専門分野 化学、材料化学、薄膜、環境科学
担当授業科目 環境化学、知的財産権、教養演習
研究主題
  1. 【課題】有機薄膜の作製と評価
    【キーワード】FTIR、XPS、蒸着膜、自己組織化膜
  2. 【課題】酸化チタン光触媒の作製と機能性の評価
    【キーワード】酸化チタン、光触媒、薄膜、触媒の機能性
  3. 【課題】柏崎周辺地域の水質調査
    【キーワード】COD,BOD,pHなど
所属学会 日本化学会、日本応用物理学会、日本表面科学会
研究業績
(2006年度以降)
  1. 「ペニングイオン化電子分光による有機薄膜の分析」2016,新潟産業大学紀要 No46, pp53-70
  2. 「ゾル・ゲル法による二酸化チタン薄膜の作製と光触媒作用の評価」2007,新潟産業大学生活工学研究所年報(第2号),pp.75-76
  3. 「末端に極性官能基を持つ配向性有機薄膜の作製と評価」2009,新潟産業大学生活工学研究所年報(第3号),pp. 20-24
  4. 「柏崎市内の川水における水質調査」2009,新潟産業大学生活工学研究所年報(第3号),pp. 25-29
社会的活動
(2006年度以降)

【公開講座、講演会、その他への出講状況】

  • 柏崎親子ワンダーランド      「理科工作」
  • 柏崎フォーラム実行委員会 「燃料電池の仕組みと実演」

【自治体等の委員会・審議会への参加状況】

  • 柏﨑市廃棄物減量等推進審議会 委員

【その他の活動】

受賞等
その他特記事項