小林 健彦

小林 健彦 (こばやし たけひこ)

所属 経済学部
職名 教授
e-mail tissa@econ.nsu.ac.jp
(@は迷惑メール対策のため、全角で表示しています)
役職・校務等 就職委員長(2016.4~現在)
柏崎研究所 委員(2016.4~現在)
学歴 中央大学文学部史学科国史学専攻 卒業
学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻博士後期課程 単位取得 満期退学
学位 文学修士(駒澤大学)
職歴 拓殖大学商学部 非常勤講師(歴史学担当 1992.4~2003.3)
新潟産業大学人文学部 専任講師(1994.4~2000.3)
新潟産業大学人文学部 助教授(2000.4~2007.3)
北里大学保健衛生専門学院 非常勤講師(歴史学担当 2004.4~2010.3)
新潟産業大学人文学部 准教授(2007.4~2009.3)
新潟産業大学経済学部 准教授(2009.4~2016.9)
新潟産業大学経済学部 教授(2016.10~現在)
専門分野 歴史工学、日本語運用史、災害対処文化史、対外交渉史
担当授業科目 日本文化論、日本史、日本文化経済視察研修(京都方面)、博物館実習
研究主題
  1. 【課題】歴史工学
    【キーワード】陰陽、調和、歴史力学、成長、衰退
  2. 【課題】日本語運用史
    【キーワード】古代日本語、漢文、漢字、古訓、格助詞
  3. 【課題】災害対処文化史
    【キーワード】地震、水災害、火山噴火、地名、伝承
  4. 【課題】対外交渉史
    【キーワード】倭国、越国、韓半島、中国大陸、渡来人
所属学会 北東アジア学会、日本史研究会、歴史地震研究会、戦国史研究会
研究業績
(2006年度以降)
  1. 『越後上杉氏と京都雑掌』、『韓半島と越国』、『災害対処の文化論シリーズ Ⅰ~Ⅳ』(何れも単著書、2015年発行) 、『災害対処の文化論シリーズ Ⅴ』(単著書、2016年発行)、『日本語と日本文化の歴史基層論』(単著書、2017年発行)、他。

尚、プロフィールや研究業績の詳細に関しては、国立研究開発法人 科学技術振興機構知識基盤情報部の「research map」で、「研究者検索(小林健彦)」をご利用下さい(http://researchmap.jp/read0049976/)。また、著作の紹介は、FC2ブログ「小林健彦教授の 著作日記」(http://5142631.blog.fc2.com/blog-entry-1.html)でも行なっております(「小林健彦 FC2」でご検索頂けます)。

社会的活動
(2006年度以降)

【公開講座、講演会、その他への出講状況】

  • かしわざき市民大学 平成28年度後期講座講師(「災害対処の文化論」4回シリーズ、及び、「日本酒の歴史」)
  • かしわざき市民大学 平成28年度前期講座講師(「京都を知る」4回シリーズ)
  • 「足利義政と銀閣寺 ~和風文化の原型と生活文化、文芸~」 
    ドナルド・キーン・センター 展示関連講演会 2015年10月17日

【自治体等の委員会・審議会への参加状況】

  • 新潟県柏崎市  総合計画審議会 
    教育・スポーツ分科会 委員(2015年5月~現在)
  • 新潟県柏崎市 WEBミュージアム利活用研究会 
    構成委員(2014年4月~現在)
  • 新潟県柏崎市 文化財保護審議会 
    委員(2013年10月~現在) 他

【その他の活動】

  • NHK BSテレビ BSプレミアム「BS歴史館」番組製作協力、及び、出演(番組タイトル:「上杉謙信 天下取りの方程式を見つけろ!」 2013年7月~10月)
  • NHK BSテレビ BSプレミアム「英雄たちの選択」番組製作協力、及び、出演(番組タイトル:「川中島合戦の真実 ~上杉謙信・室町幕府再興計画の全貌~」 2016年9月~11月)
  • 歴史工学研究所 代表(2017年3月~)
受賞等
その他特記事項 茶名:小林 宗健(茶道 裏千家)