理念と目的

教育理念と目的・教育目標

新潟産業大学の教育理念(経済学部および大学院経済学研究科共通)

人格の陶冶を通して主体的自我を確立し、新しい時代感覚をもって社会に貢献する人間を育成する。

新潟産業大学の目的(経済学部および大学院経済学研究科共通)

新潟産業大学は、教育基本法及び学校教育法の定めるところにより、学術の教育研究を行うとともに、高度な専門知識と応用能力の涵養に努め、併せて、広い視野で思考できる豊かな教養と高い道徳を身につけた、地域社会に有為な人材を育成する。

新潟産業大学の教育目標(経済学部および大学院経済学研究科共通)

  1. 自ら学び、自ら考え、自ら行動する自立した人間を育てる。
  2. 学問の基礎を固め、幅広い教養を身につけ、急激に変化する社会に主体的に対応できる人間を育てる。
  3. 実学教育を通じ、自らが社会の一員であることを自覚し、地域社会に貢献する人間を育てる。

理念と目的・目標を達成するための方針

新潟産業大学は、その理念と目的・目標を達成するために、つぎの方針を定め、大学運営、教育研究活動、学生支援、社会貢献に努めます。

大学として求める教員像および教員組織の編制方針

求める教員像

  • 建学の精神・教育理念、大学及び経済学部、大学院経済学研究科それぞれの目的をよく理解し、経済学部及び経済学研究科の各ミッション遂行に邁進する教員
  • 教育への情熱を持ち、高い徳性を備え、学生の主体的成長を導く教員
  • 研究に励み、その成果を教育活動と社会に還元する教員

教員組織の編制方針

  • 大学設置基準および大学院設置基準を遵守する。
  • 大学、経済学部、大学院経済学研究科それぞれの目的の達成及び経済学部、経済学研究科の各ミッション遂行に向け、それぞれのディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーにもとづいて学生を育成する適切な教員組織を編制する。
  • 教員の募集、採用、昇格は、配置の適切性、選考審査の透明性を確保する。
  • FD(ファカルティ・ディベロップメント)活動と教員の自己点検を推進し、教員の質向上を図る。

学生支援に関する方針

基本方針

本学の建学の精神、教育理念にもとづく教育目標の達成に向けて、学生一人ひとりが学修に専念し、充実し安定した学生生活を送ることができるように、修学支援、生活支援、進路支援を行う。

修学支援の方針

  • 1、2年次を中心に基礎学力の向上を図る。
  • 担任制により全学生の個別指導を徹底する。
  • アクティブ・ラーニングを取り入れ、学生が自ら学び自ら考え自ら行動するよう支援する。
  • 学内外の奨学金制度および学費減免制度を活用して、経済的事情により修学困難な学生を支援する。
  • 障がいのある学生が修学に支障のないように支援する。
  • 外国人留学生に対して、日本語科目等を整備し学修のための十分な支援を行う。

生活支援の方針

  • 学生が心身ともに健康で、安全で安定した学生生活を送れるように、健康管理と事故防止、経済的支援、ハラスメントの防止、課外活動支援等を行う。
  • 学生が生活全般にわたって相談できるように、大学内の組織はもとより学生の保護者との連携協力を得て多面的に支援する。
  • 外国人留学生について、安価で良好な住環境の確保、学生チューターなどによる交流促進等を通じて生活支援体制を整備する。

進路支援の方針

  • 学生自らが社会の一員であることを自覚し、キャリア形成できるように支援する。
  • 社会人として自立するために、主体的に進路選択、就職の決定ができるように、就職ガイダンスや個別指導、付加価値づくりの講座等の充実を図り支援する。
  • 「地域に学び、地域をおこす大学」として、新潟県、柏崎市そして学生の出身地での就職を支援する。
  • 外国人留学生に対して、母語と日本語、本学での学修成果、日本での生活体験を活かした就職と進学を支援する。

教育研究等環境の整備に関する方針

本学は、その理念・目的を実現するために必要な校地・校舎・施設・設備等を整備し、安全・衛生に配慮しながら、学生の学習意欲の向上に資する学修環境と教員の教育研究環境を整え、これを提供する。

社会との連携・協力に関する方針

  • 本学は「地(知)の拠点」として、教育研究の成果を社会に還元するとともに、地域の諸組織・団体等と連携し、文化の振興と地域社会の活性化に貢献する。
  • 本学は長年に亘って築いてきた海外に広がるネットワークを通じて、地域社会の国際交流に協力する。

管理運営方針

本学の理念・目的の実現に向けて、計画的かつ透明性のある管理運営に努め、社会に対する説明責任を果たしながら、法人組織との連携のもとに、学長の大学の管理運営と教学ガバナンスを強化し、経営改革と教学改革を一体的に推し進める。

内部質保証に関する方針

本学は、新潟産業大学学則第2条及び新潟産業大学大学院学則第50条の規定に基づき、本学の教育研究水準の向上を図り、本学の目的及び社会的使命を達成するため、教育研究及び管理運営等の質の保証及び質の向上について、自ら点検及び評価を行う。