学長メッセージ

「人づくり」と「地域おこし」のオンリーワン大学を目指して

president

新潟産業大学は、昭和22(1947)年、終戦直後の混乱期に、柏崎専門学校として設立されました。戦後の混乱の時代に、日本の復興・発展と平和で幸福な社会の建設は、一にかかって若い人材を育成することにあるという、創設者下條恭兵氏の熱い願いによるものでした。
以来、短期大学の時代を経て四年制大学に移行した今日に至るまで、「教育の究極の目標を、人間性の陶冶を通しての主体的自我の確立と、社会に新しい感覚をもって創造的に貢献しうる能力の育成に置く」という建学の精神は脈々と受け継がれています。
また、文系私立大学としては新潟県内で最も長い歴史を持ち、すでに1万人を超える卒業生が、経済、政治、教育、文化などさまざまな分野において、日本国内は勿論、広く世界各国を舞台に活躍しています。

さて、近年、 社会を取り巻く状況は急速に変化しています。地方と大都市との地域間格差がどんどん拡大しています。そうでなくても少子化の時代なのに、若者の都会への流出が止まりません。地方に魅力がないから若者が出ていくのか、若者がいなくなるから魅力がなくなるのか。ともかく、流出に歯止めをかけ、地方の産業・経済や文化活動に活気を取り戻すことが急務です。地方が疲弊すれば、国も衰退します。今や、日本の復興・発展は、地域の復興・発展にかかっていると言っていいでしょう。

本学は、平成19(2007)年、地域にしっかり根ざした「コンパクト・ユニバーシティ」への転換を宣言し、経済学部経済経営学科と文化経済学科の1学部2学科に再編しました。そして、建学の精神を踏まえて「ミッション(本学の使命)」を『地域社会や企業を主体的に力強く支える人材の育成』と定めました。私は、これまでも、大学と地域との関係は、「大学あっての地域、地域あっての大学」であり、大学は地域のニーズに応え、地域の知の拠点として連携・貢献し、地域はさまざまな形で大学と連携し支援するという関係が望ましいと考えてきました。本学においては、そういう関係をさらに強靭なものにして、「地域おこし」の大学を目指したいと考えています。
大学のコンパクト化は、学生一人ひとりに対してきめ細かい丁寧な教育を行うことを意味します。カリキュラムや授業の内容を整備し、学生生活の支援を強化し、さらには就職活動を強力に支援して、大都市の大規模大学には真似のできない、痒いところに手の届く「人づくり」の大学を目指したいと考えています。

「地域おこし」の大学、「人づくり」の大学を目指し、地域の復興・発展に寄与する、これが、本学の建学の精神でもあり、私の切なる願いでもあります。

新潟産業大学学長 北原保雄

学長略歴

北原 保雄(きたはら やすお)
生年:昭和11年
任期:平成29年4月1日~平成33年3月31日

学歴

昭和35年03月 東京教育大学文学部文学科 卒業
昭和41年03月 東京教育大学大学院文学研究科修士課程修了
昭和43年03月 東京教育大学大学院文学研究科博士課程中退
昭和56年03月 文学博士(筑波大学)

職歴

昭和35年04月 東京都公立学校教員
昭和43年04月 和光大学人文学部講師
昭和46年04月 和光大学人文学部助教授
昭和49年04月 筑波大学文芸・言語学系助教授
昭和59年09月 筑波大学文芸・言語学系教授
平成02年04月 筑波大学文芸・言語学系長
平成05年04月 筑波大学附属図書館長
平成10年04月 筑波大学学長 (至 平成16年03月)
平成14年10月 図書館情報大学学長 (併任 至 平成16年03月)
平成16年04月 独立行政法人日本学生支援機構理事長
(至 平成20年10月)

新潟産業大学における役職

平成19年01月 学校法人柏専学院 経営改革推進室顧問
平成20年12月 学校法人柏専学院 理事
学校法人柏専学院 評議員
平成28年12月 学校法人柏専学院 理事長 (至 平成29年03月)

主な経歴・主な著書

主な経歴 筑波大学名誉教授
大学設置・学校法人審議会(大学設置分科会)委員
大学機関別認証評価委員会委員
国立大学評価委員会委員
国立大学教育研究評価委員会委員
中央教育審議会大学分科会大学教育部会特別委員
国立大学法人筑波技術大学経営協議会委員(現在)
日本学術会議会員
国語審議会委員
文化審議会 国語分科会長
公益財団法人 大学基準協会副会長
公益社団法人日本教育会会長 (現在)
主な著書 『明鏡国語辞典』大修館書店 2002
『問題な日本語』大修館書店 2004
『達人の日本語』文春文庫 2005
『言葉美人の知的な敬語』ベストセラーズ 2008
『日本国語大辞典』第二版全13巻 小学館 2002